カンボジア技能実習生

NPO法人日本カンボジア交流協会は、カンボジアと協力体制を取っています。
また、カンボジア政府の強力なバックアップにより、技能実習生は立派なレベルに達しています。
しっかりした職業訓練センターにより、日本のバイクを始め、テレビなどの修繕や、AutoCADなどのパソコン操作までこなせるようになって来ました。
幅広い分野、最新の流通商品に対応できるように日々教育をされています。


毎年、100名以上の訓練終了生が、社会で活躍をする事になっています。

技能実習生は、身に付いた知識や技術を発揮できてとても充実した毎日を送る事が出来ます。

技能実習生たちは整備された教育環境の基で、訓練生活を重ねてきています。
カンボジア政府に認められた信頼度の高い期待される教育施設であると言えます。


日本の職業訓練センターの世界レベル版という感じです。
世界に影響を与えるための人材の流出を目指しています。

カンボジアの技能実習生情報が満載です。

技能実習生の海外での活躍が、国々を発展させる事につながると認識されています。



また、同時並行的に、修理知識やオペレーター技術だけではなく、首都プノンペンにおいて、しっかりとした日本語教育をしています。


学校も設立され、万全な教育システムとなりつつあります。

より海外で大きな活躍が期待されます。



また活躍した若い能力の者が、技術を始め、サービスなどを母国に持ち帰ることでの利益も注目され始めています。
それは、再教育に向けられ好循環していく事になります。